WEBデザインやコーディングの制作依頼で企業が事前に準備すること

WEBデザイナー(コーダー)の仕事は、企業がネット上に公開したい内容を代理で公開することが仕事になります。

そのため、企業としてWEBサイト制作を依頼するにあたって、必要な情報を整理しておく必要があります。

依頼側があまりにも決まっていない場合は、依頼を受ける側としてもやりづらく、納品が遅れたり、求めていたものが納品されなかったなど、無駄な金と時間を使い兼ねません。

本記事で公開している内容を確認していただき、スムーズな依頼や受注ができればなれば幸いです。

スポンサー
スポンサー

独自ドメイン・サーバー

自分で用意すべきものです

独自ドメインやサーバーは、ご依頼前にご自身で取得や契約をしたほうがいいです。

 

独自ドメインは年間利用料の支払い、サーバーもレンタル料が月額で発生します。それらの料金の支払いは、依頼者側の負担になるのが一般的です。

 

そこで、WEB制作を受託する側に、ドメインの代理取得、サーバーレンタルの代行、それらの管理を依頼する場合は、代行料や管理料が発生します。

 

ドメインの取得やサーバーレンタルは、ドメイン名や利用プランを選んで、会員登録するだけの簡単な作業になるため、そこまで難しくない内容になっています。

 

また将来、サーバーを別のサーバーに移動する場合は、管理を任せている会社や個人事業が倒産や閉業した場合は、移転が困難になります。

 

コスト削減のためにも、できる限りご自身で行ったほうがいいとされています。

ドメインは安く取得するには

なお、ドメイン代を少しでも安くしたい場合は、ドメイン取得代行サービスを利用したほうがいいですが、支払い管理などをシンプルにしておきたい場合は、サーバーレンタル会社でドメインを取得したほうがいいです。

僕のサイトは、後者で管理しています。

ドメイン

ムームードメイン

「ムームードメイン」は、国内最大級の独自ドメイン取得サービスです。400種類以上の豊富なドメインの中から、欲しいドメイン…

サーバー

スポンサー

ワードプレスで依頼する場合

X10プランがオススメです。最初は、初期費用と3か月分の利用料と最低でも約7000円ほど掛かります。その後、指定した月額の利用料のみとなります。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コス…

 

なお、ワードプレスの場合は、サーバー上で構築していくため、事前のサーバーのレンタルとドメインの取得は必須です。

通常のHTMLサイト

さくらサーバーのスタンダードプラン(515円)がオススメです。

さくらのレンタルサーバ

高速、安定サーバーならさくらのレンタルサーバ!PHP7モジュールモードでWordPress高速化。無料SSL、Webフォ…

 

なお、ワードプレスと違って、WEBデザイナーがローカル上で開発していくのが一般的なので、依頼前の取得は必須ではありません。公開時に用意していたら大丈夫です。

スポンサー

目的やターゲット

これが不明確なほど崩れやすい

女性・男性、年代のターゲットやサイトを公開してどのようにしていきたいのかを決める必要があります。

その目的やターゲットで、デザインや配色、文の表現やフォントサイズなども変わってくるため、ホームページを作る上で重要な項目になります。

これが曖昧な事業は、しだいに内容がブレていくので、あれやこれやとコンテンツを追加して、サイト内の表示もめちゃくちゃになっていきます。

目的が金はダメ

依頼にあたって利益を上げたいと言う会社がいますが、サイトを作ったり、リニューアルをしたところで、売り上げなんて上がるはずありません。

店頭に商品を並べるのと一緒で、ネット上にサイトを並べただけでは難しいです。世に知ってもらうかは、企業努力になります。

例えば、広告やSNSを有効に使う、インフルエンサーに宣伝してもらう、ブログを書いてアクセスを上げたり、店舗で積極的にPRするなど、それなりに戦略を考えたり、努力する必要があります。

スポンサー

企画書をまとめておく

目的などが決まっていたら、企画書も必要になります。例えば、サービスの概要、メリット・デメリット、料金設定、注意事項などです。

この企画書のまとまり具合によって、制作するページ数も変わってきます。

■料金設定がシンプルな場合
サービス概要など説明するページに掲載できます。
■料金設定が複雑な場合
サービス概要とは別で料金設定のページが必要になります。

 

単純に、複雑or情報量が多い場合は、ページ数が増えます。しかし、シンプルでまとまっている場合は、ページ数を抑えることができます。

文の提供

サイト上で使用するすべての画像は、基本的には依頼する会社側で用意しないといけません。

 

なぜなら、WEBデザイナーはWEB制作のプロであって、ご依頼される企業が実施ているサービスや事業、その業界のプロではないからです。

 

企画書に書いている文で行くのも問題ありませんが、もしパンフレットやカタログみたいなものがあれば提供したほうが制作がスムーズになります。

 

しかし、文の意味はそのままで、サイトのレイアウトに合わせて、文の言い回しを少し調整する場合はございます。

 

もし、用意していない場合は、WEBデザイナーがネットで情報収集したり、テキストを作成したりと、コーディングとは別の作業が増えるので、制作費が増える可能性があります。

画像の提供

サイト上で使用するテキストは、基本的には依頼する会社側で用意しないといけません。

 

スマホで簡単に撮影するのか、プロのカメラマンに依頼するのか、有料の素材サイトで写真を購入するかなど方法を決めて用意する必要があります。

WEBデザイナーの対応範囲

通常、WEBデザイナーが担当する範囲が、ご用意いただいた画像のリサイズ、見栄えよく明るさや色彩の補正までとなります。

 

画像を用意するにあたって、無料の素材サイトをご利用いただく方法もございますが、無料が故に他社と被る可能性があるデメリットがあります。
また、有料サイトでWEBデザイナーが買う場合は、支払いについてのやりとりなど、サイト制作とは別で連絡が必要なため手間になります。

有料の素材サイト

PIXTA(ピクスタ)

ピクスタなら5,000万点以上の高品質の画像素材(写真やイラスト)を定額制プランなら最安1点39円から購入可能!ロイヤリ…

スポンサー

無料の素材サイト

利用者が多い無料サイト

無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

ぱくたそは人物(男性・女性)や風景の写真、背景に使いやすいテクスチャ素材など、すべて無料でダウンロードができるフリー素材…

上記よりもクオリティがいい

※下記サイトは1アカウントに1枚無料です。

無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンク…

イラストの無料素材サイト

無料イラスト素材集『Frame illust』へようこそ 『Frame illust』が提供するフリー素材は、全てフリー…

いらすとやは季節のイベント・動物・子供などのかわいいイラストが沢山見つかるフリー素材サイトです。…

オシャレな海外の無料素材

スポンサー

カラーイメージ

これは、ターゲットなどに関連していきますが、企画書やテキストなどと違って、とくにイメージがなくても大丈夫な項目になります。

カラーの例

例えば、女性向けであれば女性が好む色合い(淡いピンクやグリーン、グレー…etc)などを選ぶ必要がありますし、ターゲットとは別で依頼者の好きな色になる場合もあります。

 

企業ロゴに合わせる場合もございますし、WEBデザイナーに一任でも問題ない内容になります。

カラーはいくつ決めるのか

基本的には、メインカラー(一番多い配色)、サブカラー(2番目に多い配色)、アクセントカラー(ワンポイントになるカラー)の構成で3色か4色になる場合が一般的です。

SNSの用意

企業として、サイトと連携してTwitter、Facebook、Instagram、Youtubeなどサービスを利用していくのかも決める必要がございます。

 

それぞれのSNSの特徴や利用している層を把握して、どのSNSをどのようにサイトと連携して運営していくのか、そもそもアカウントも作るのかを考えないといけません。

 

サイト上で、SNSボタンを設置するスペースを確保しないといけませんし、いくつのSNSボタンを設置するのかによって、レイアウトも変わってきます。

 

もちろん、リンクも貼る必要がございますので、公開するときにはアカウント作成済みは必須になります。

お問い合わせ以外

お問い合わせフォームの設置とは別で、24時間チャット応対するのか、予約システムを導入するのか、資料請求なども申し込めるようにするのかなど、訪問者が要求するアクションをどこまでにするのかを決める必要がございます。

スポンサー

通常フォームと予約システムは別物

普通のお問い合わせフォームと、予約システムを導入したフォームは別物です。また、チャット機能を搭載するのも別機能の話になるので、サイト訪問者、あるいは、一般顧客に対してどのように対応していくのかも決める必要がございます。

参考サイト

例えば、必要な情報等を提供後、この予算の範囲内で後はお任せするというタイプの方もいます。その場合、デザインをお任せするパターンであれば、この項目は不要になります。

参考サイト提示の必要性

完成間近になって、このデザインを変更してほしいなど、修正が増える恐れがある場合は、予め参考サイトを提示してイメージを伝える必要があります。

参考サイトをもとに制作を依頼しておけば、修正希望数は大幅に減るはずです。

修正の回数は決まっている

修正回数は3回までと、制限を設けているWEB制作会社やフリーランスはいっぱいいます。制限回数を超えた場合は、追加料金が発生するので事前準備が必要です。

回数を決めているのも、無制限にしていたらキリがないからです。納品も遅れていき、受注側もスケジュールが崩れてくるので制限が設けられています。

参考サイトを探しましょう

以下のような参考サイトで探すようにしましょう。

縦長のwebデザインギャラリー・サイトリンク集|MUUUUU.ORG

縦長のwebデザインをがむしゃらに集めています。…

SANKOU!

Webデザイン制作の参考になる、ステキなWebサイト・LP(ランディングページ)・コンテンツページを集めたデザインギャラ…

最後

上記の情報がまとまっていない企業様は、制作依頼にあたって準備不足になり、サイト制作のストップにより納品遅延、制作者も負荷が掛って進行のトラブルなどの問題が起きる可能性が高いです。

 

もし、WEBサイトの制作でお困りであれば、ココナラで出品しておりますので、ぜひご利用ください。

縦長のワンカラムシングルページを制作します ワードプレスで海外サイトのようなデザイン

スポンサー
応援・シェアよろしくお願いします!