Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

未経験からWEBデザイナーになるための学習方法はどれがいいの?

スポンサー

WEBデザイナーの勉強

 

WEBデザイナーの学び方は、だいたいこれだけあります。

  1. 職業訓練で講師から学ぶ
  2. プロゲートを利用して学ぶ
  3. 学習教材で楽しみながら学ぶ
  4. ネット情報(検索)から学ぶ
  5. WEB専門学校(教室)で学ぶ

結論から先に言うと、僕のオススメする方法としては、職業訓練。

職業訓練

僕は、職業訓練でWEBデザインの基礎知識を勉強しました。

 

僕の場合は、仕事とは別で学習に関しては、勤勉ではないので、短期間で学ぶ職業訓練が合っていました。

 

そこで、職業訓練で感じたメリットを紹介したいと思います。

  • お金をもらいながら、短期間&無料で学ぶことができる。
  • オンラインサロンのようにアットホームな雰囲気。
  • photoshopやDreamweaverなど実際の制作環境で学べる。
  • 講師と生徒。久しぶりに学生気分を味わえる。
  • 講師の飴と鞭で、気持ちを高めて勉強を進めれる。
  • 講師(現役WEBデザイナー)と繋がれる。
  • 自習で分からないことは、SNSのDMで講師に相談できる。
  • 個人ではなく、チームで制作するパターンも経験できる。
  • 既に退職しているので、逃げることはできない。

これだけのメリットは、他の学習方法では、得ることはできません。

何かにチャレンジするには、リスクを伴います。

 

時間、お金など、いろいろありますが、逃げ道を作らないリスクも必要です。

他の学習方法の場合、逃げることができます。

 

職業訓練は、すでに退路を断った状態で始めるので、逃げることはできません。

 

仮に、職業訓練をやめようとしても、講師や同じ訓練生から説得や励まされるので、挫折する可能性は低いです。

 

また、同じ訓練生の中には、元アクセサリーデザイナー、イラストレーターなど、様々な経験をしている人もいます。

 

別業種で仕事をされていた方と繋がり、コミュニケーションがとれるのは、職業訓練ならではだと思います。

プロゲート

スマホのプログラミング学習アプリ「プロゲート」で勉強する方法です。

 

僕が、プロゲートを触ってみて、感じたメリットを紹介します。

  • 場所を問わず、スマホがあれば勉強できる。
  • 開発環境がなくても、HTMLなどを記述して勉強できる。
  • 間違いがあったら、その場で指摘してくれる。

 

これから勉強を始めるぞ!って方は、AdobeのDreamweaverなど、開発環境がないのは当たり前です。

プロゲートは、開発環境がない人も実際に入力をしていき、CSSでどのように変わるのか体験することができます。

 

外でも家のベッドでも、好きな時に好きな場所で学べるのも大きなポイントです。

 

自分のスピード感で学ぶことができるので、早く習得することも可能です。

 

しかし、逆に怠けてしまって、覚えるのが遅かったり、途中で諦めてしまう人もいると思います。

 

アプリのダウンロードはこちら

 

公式サイトはこちら

プロゲート公式サイト

学習教材で学ぶ

 

ディズニーのプログラミング学習教材です。ディズニーの世界を楽しみながら、プログラミングを学ぶことができます。

また、ディズニー以外にも、RPGやシューティングなど、ゲーム感覚で学べる学習教材もあります。

 

ただし、ディズニーの場合、1年分の学習で128,000円します。

個人的な意見として、無料3か月の職業訓練で学んだ僕からしたら、1年もいらんし高い!って思います。

また、学び終える前に、ゲームやシステム自体に飽きてしまうのでは?とも思います。

 

それでも、価値があると思う方は、購入したらいいと思いますね。

 

ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」

ネット情報(検索)で学ぶ

薄く広く知識を持つ人で、WEBリテラシーが少しあり、勤勉なタイプの方が向いている勉強方法だと思います。そのため、難易度は高いです。

 

これに該当しない方は、時間の無駄になると思います。僕の経験上、職業訓練か学校に行ったほうがいいです。

WEBの専門学校で学ぶ

WEBを学ぶための教室や専門学校が該当します。お金と時間が1番かかる方法だと思います。

 

以前、ホリエモンが、すし職人の「飯炊き3年、握り8年」の伝統に対して、このようなツイートをしていました。

僕は、WEBデザイナーの知識を学校で勉強することに対して、この寿司の修行で発言したホリエモンの内容と同じだと感じています。

 

要するに、時短で学べる方法なんて、いくらでもあるのに、長い時間を使って古いやり方で学ぶ必要ないよねってことです。

 

覚えるだけを何年も時間を掛けるのはナンセンス、覚えたあとのセンスの方が大事だと思います。

HTMLなどを覚えた時がスタート地点

HTML&CSSの基礎知識を覚えて、初めてスタートラインです。

 

どのルートの勉強を選んでも、学んだ後のスタート地点は同じです。

 

WEBデザイナーとして差が開いたり、個性が出たりするのも、経験を積んでからの話になります。

 

例えば、WEB専門学校を卒業したところで、サイト制作の依頼をもらっても、何をどうしたらいいのか分からないと思います。

 

イメージで言うと、運転免許を取ったばかりの初心者ドライバーです。

 

どの車に乗ってどのような運転をするかは、外で乗り始めたからの話になりますので、それと同じことだと思います。

 

問題は、自分に合った勉強方法を選ぶのを失敗し、途中で挫折してしまうことです。

 

やっぱり私には無理があった。。。と落ち込んでしまうことがないように、適切な勉強方法を選んでほしいと思います。

応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー