会社と個人とどっちがいい?ホームページ制作のメリットとデメリット

スポンサー

制作会社へ依頼するメリット・デメリット

ここでの制作会社は、大手の制作会社のことを指します。

メリット

クオリティが高い

WEB制作会社は、WEBデザイナー、コーダー、プログラマーと多くのスタッフが在籍しています。

 

そのため、WEBサイトのクオリティは高いです。

 

ホームページに留まらず、WEBアプリケーションが作れる場合もあります。

確かな信頼で依頼が安心

個人事業とは違って、多くのスタッフが在籍している分、制作されたページ数は多いです。

 

確かな実績から安心した制作依頼ができます。

 

また、yahooなど大手企業を相手に制作している会社もあるため、信頼できるのもメリットです。

揉め事が起きにくい

WEBデザイナーなどのクリエイター職は、制作者としてのプライドが高い場合があります。そのため、自分の制作物を指摘されると、反論されるケースもあると思います。

 

しかし、制作会社の場合、企業と制作者の間に、WEBディレクターと呼ばれる担当者が入るため、揉め事は起きにくいです。

 

企業からの指摘をWEBディレクターが受け、WEBデザイナーに角が立たないように、説明や修正の依頼をするからです。

スポンサー

デメリット

制作費用が高い

制作スタッフが多く在籍、高クオリティゆえに、制作費用が高額になる場合もあります。

 

もちろん、制作会社の規模、ホームページのデザインや機能などによって、制作費用は変わってきます。

 

人件費や設備、外注など、制作費用は、覚悟しておいたほうがいいと思います。

まとめ

予算は十分あり、高クオリティのホームページが欲しい企業は、制作会社への依頼がオススメです。

 

スピード重視で中小企業の制作会社は、テンプレ対応の場合が多いので、個人的にはオススメできません。

 

個人事業(フリーランス)に依頼するほうがベストです。

個人へ依頼するメリット・デメリット

メリット

スポンサー

依頼者と制作者の距離が近い

個人だからこそ、依頼者との距離が近くなり、良い関係を築いていけます。

 

私も、1度ご依頼いただいたクライアントと、3か月に1回のペースで、居酒屋によく飲みに行きます。奢ってもらったり、楽しい時間を過ごさせてもらった恩から、細かい修正対応やWEBの相談は、特別に無料で対応しています。

 

制作会社であれば、そういったことは難しいため、普通に修正費用を請求されると思います。

制作費が安い

個人制作するため、人件費が掛かりません。会社の利益ではなく、制作する自分の利益(生活)を考えるだけなので、リーズナブルな価格が多いです。

 

利益は、腑に落ちなければいいので、金儲けに走らず、親身になってアドバイスや提案などしてくれる場合もあります。

対応が柔軟で速い

個人事業だからこそ、製作日数や依頼内容に対し、柔軟に対応してくれる場合が多いです。会社やチーム内のルールがないため、制作会社よりも早くできる場合がございます。

デメリット

納品が遅くなる可能性

個人でやっている分、体調不良になった場合は、本来の納期が遅れる可能性がございます。

 

とはいえ、在宅フリーランスであれば、多くの人間と同じ空間にいることが少ないため、インフルエンザなどの感染のリスクは低いです。

依頼内容によって日数が掛かる

個人制作のため、難易度の高い制作依頼は難しい場合があります。

 

仮に、受託することになっても、グループと個人では、個人のほうが制作スピードが劣るため、納品までに時間が掛かるかもしれません。

制作者とのトラブル

先ほども書きましたが、クリエイターは、作品へのプライドが高いです。

 

そのため、指摘した内容によっては、依頼者と制作者との間でトラブルが起きる可能性もございます。

まとめ

WEB上でサービス紹介など名刺のような簡易ホームページが欲しい企業や、大手に相談したが予算的に難しい企業は、個人事業のWEB制作者に依頼するのがいいと思います。

スポンサー
応援・シェアよろしくお願いします!