プロフィール

はじめまして、WEB屋をしている樋口亮です。また、フリーブログを見に来てくれて、ありがとうございます。

現在、大阪を拠点にWEB制作の活動をしつつ、ブログやコミュニティの運営をしています。

ここでは、僕の生い立ちや活動などを紹介したいと思います。

生い立ち

誕生から中卒まで

1984年8月生まれ。大阪府南河内郡で育った。幼稚園から中学校までは、大阪市内で過ごした。

 

スポーツ、ゲーム、イタズラ好きの悪ガキであり、ドラえもんでいうジャイアンみたいな感じでした。

 

そんな怖いもの知らずの僕が転機を迎えます。中学に入ると、竹刀を振り回したいという動機で「剣道部」に入部。

 

最初は、ほとんど見に来ない女性顧問だったので、みんなやりたい放題の自由で楽しい剣道部でしたが、大教大から若い男性の剣道教師「岡野先生」が顧問として加わります。

岡野先生が加わったことで、楽しい剣道部から地獄のような緊張感が漂う剣道部へと変化し、これまで好き放題やってきた暴れん坊の僕は、剣道の猛練習で気力と体力を奪われてしまい、部活から帰宅後は玄関で寝てしまう日々を繰り返しましたw

地獄のような練習の日々を終わらせるため、剣道をやめることを先生に伝えにいった時、先生からこのような言葉が返ってきた。

「おまえはここで終わるのか。ここまでの人間だったのか。本当に頑張れないのか。もうやめろとは言わない。いつでもやめることはできるし、社会人になって、懐かしいからまたやりたいと思ってくれたら、私はそうなってくれたら、それでいい。もう少しゆっくり考えてみたらどうだ?」

この言葉が返ってきて、僕はこう思った。

「自分はぜんぜん強くない。強いふりをしていただけだ。まだ、自分に勝ってない。」

次の日、どこまで勝てるか勝負だと意気込み、道場に入って面をつけた。先生からは、「それが答えやな、でも無理はするなよ」と声を掛けてもらい、剣道に没頭した。

周囲に迷惑を掛けたり、喧嘩ばかりしていた僕は、剣道の「人間形成」の力で、しだいに落ち着いていった。僕の家族は、先生と僕が知り合えたことに感謝をするぐらい僕は変わった。

何らかのきっかけで、自分も周囲も変えることができるんだと思った学生時代でした。

高校時代

中学校卒業後、汎愛高等学校の武道科で剣道専攻で入学したが、僕は高校時代の剣道顧問にはガッカリした。強い者だけを見て、弱い者は見ずにいない者として扱われる。

中学時代の先生は、平等に強くしようとしていた。顧問として、それぞれの性格、剣道の長所や短所と向き合っていた。自分が選んだ責任として1年間だけ頑張ったが、顧問のレベルに幻滅した僕は、剣道や大会なんてどうでもよくなった。

入る高校は選べるが、子が親を選べないのと同じで、部活する人間も顧問を選べない。

最終的に、この顧問は女子生徒のセクハラ(添い寝)をしてしまい、責任を感じて辞職する。セクハラ教師が顧問なんて、やる気が失せるのも当然。

高2。剣道バカよりも音楽バカになっていた。同じ剣道部の友人に、hideモデルのギターを友人に売ってもらい、竹刀の素振りよりもギターのFコードに夢中になっていた。

ギターが上手いB’z好きの部活仲間やアコギを持ってきていたスポーツ科の友達と仲良くなり、ギターや音楽の話で熱中になっていた。

気が付いたら3年間皆勤賞。無遅刻、無欠席、無早退。高校の自慢話

自由に生きる20代

高校卒業後、周りの同級生は就職や進学したりするなか、俺は一人暮らしで音楽を楽しむ道を選んだ。

僕の親からは、「若いうちに好きなことして遊べ」と教えられてきたし、家族の誰からも文句を言われることはなかった。

18歳で一人暮らしを始め、アルバイト生活、楽器の購入や練習、欲しいを服やアクセを買っては、友達を朝まで遊んだり、好きな女とデートを楽しんだりと、自由に生きた。

バイト代は、生活費以外は当時18万したシンセサイザーを買ったり、Gibsonや50万ぐらいしたPRS(Paul Reed Smith)ってブランドのギターを買っては家で弾いて過ごしていた。

新しい一歩

29歳になった僕は、インターネットは終わらないし、他の業種にも関われると理由から、「WEBデザイナー」を目指すようになり、新しいことに挑戦するために実家での生活に戻りました。

まずは、やってみることが大事なので、Wordpressを触りながら勉強を始め、職業訓練で約3か月ほどで、WEBデザイナーの基礎知識を習得した。

あとは、就職活動をして、WEB業界に潜り込むだけです。

就活と出会い

WEBデザイナーの就職活動をしながら、WEBアプリケーションやゲームアプリのデバッグ会社に入った。

 

そこで、気が合う8歳年下の女性と出会い、付き合った。

 

そして、僕は、アパレル企業のWEBデザイナーに入社した。

30歳で父親に

かわいい娘が無事に産まれた。

 

喜怒哀楽のオンパレード!大変なこともあるが、一緒にいて楽しいカワイイ娘だ。

 

そして、妻子が退院。大阪府大東市で家族3人で暮らし始めた。

 

しばらく、家事や育児は嫁に任せて、仕事や生活費は俺が稼いでという生活を送った。

 

もちろん、育児にも積極的に参加した。

株式会社LOOPを退職

2017年10月末、株式会社LOOP(アパレル)を退社。

 

退職した理由は

  • フリーランスのWEB業界がどのようなものか足を踏み入れたかった。
  • WEB制作とは別の分野で新たなスキルを取得したかった。
  • 雇われ脳ではなく、自分の力で稼ぐ方法を模索したかった。
  • 社会のレールから外れて、自分は何がやりたいのか、何が身につくのかを経験したかった。
  • 雇われ脳ではなく、自分の力で稼ぐ方法を模索したかった。

 

勤め人の時とは違った世界があると思い、自分の環境を変えることにしました。

フリーランス開始

2017年12月中旬、不動産関連の企業と契約。

 

つの運営サイトを統括するWEBデザイナーになり、広告収入や他社の依頼を受託して生活を送っている。

 

2019年1月に開業届けを提出し、個人事業主となりました。

離婚

2018年10月9日に離婚。以下の記事に詳しく書いている。もし気になった方は、ぜひ見て頂きたい。

関連記事

最初に メンヘラ女(嫁)と結婚したら、不安なことってありませんか?   本記事では、僕が実際に経験した「メンヘラ女」との結婚から離婚までの話を書いています。   「メンヘラ女」とお付き合いや結婚[…]

 

妻の注もあったが、妻を向いていない育児と家事から解放しました。

引っ越し

2018年10月末。大東市から大阪市内に子供と一緒に引っ越しました。

 

今は、自宅から同じ区の実家を行き来する生活を送っている。

関連記事

実家の近くがオススメ 本記事では、僕の経験談をもとに、「実家近くのマンション」が、離婚して子供と住む場所として、オススメな理由を書こうと思います。   現在、僕と子供は、実家から自転車で5分ほどのマンションに住んでい[…]

 

相手の親が購入した家具や家電は、嫁が持っていったので、必要な家電がゼロの状態で新生活スタート。

 

少しずつ生活に必要な家電などを揃えていきました。

関連記事

掃除機 ILIFE V3s Pro ロボット掃除機 ペットの毛に効果的 自動充電静音&強力吸引落下防止と衝突防止 丸型 ホワイト 新品価格 ¥16,393から (2019/8/1 14:18時点) […]

待機児童

僕の子供は、2018年10月末~2019年7月まで待機児童でした。

 

その間、収入が低くてもフリーランスとして仕事を続け、子供の面倒を見ていました。

 

90歳になる曾祖母(僕の祖母)が、1人で面倒を見ることは難しく、68歳になる祖父(僕の父)は現役で働いています。

 

誰にも頼ることができず、お昼に子供を公園に連れていき、帰ってきたら仕事。父として子供と向き合いました。

保育園に入園

2019年夏。待機児童が解除され、無事に保育園に入園することになりました。

 

育児が落ち着いたので、社会復帰を目指して頑張ります!