野菜を嫌いで食べない子供が好きになるオススメの方法と考え方

スポンサー

オススメの考え方

僕の子供も野菜が嫌いでした。

 

しかし、ナス以外の野菜は好んで食べるようになりました。ナスは、味付けによっては食べてくれます。

 

そして、スーパーにお買い物に行った時、自分が食べたい野菜をとってきて、買い物かごに入れるようになりました。

 

子供が野菜を「嫌い」から「好き」になるための考え方や方法を紹介します。

野菜が嫌いは当たり前

親が、子供は野菜を食べないのは、当たり前と認識する必要があります。

 

子供は、生きていくうえで必要な3大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)は、好んで食べてくれると思います。

 

酸っぱい、苦い味は、体が受け付けにくいように、人間の体はできています。

 

そのため、親が、野菜を食べないからと、子供を叱るのは間違っています。

野菜は味方

「野菜も食べないと大きくなれないよ」では、子供には伝わりません。

 

なぜ、食べないと大きくなれないのか、意味がわからないからです。栄養士じゃない限り、説明できる親もいません。子供に説明したところで、さらに意味不明になると思います。

 

「野菜は、味方なんだよ。敵じゃない。だから、食べたら守ってくれる」ということを伝えましょう。

 

大きくなる食べ物でも、栄養が豊富だからと言っても、食べないのが子供です。

子供に合わせる

子供には、大人が理解できない世界観を持っています。

 

例えば、

オススメの方法

楽しめる食べ方を提供

子供が、野菜や肉などの食材を楽しみながら食べるように、親が環境を作ります。

 

そこで、僕が考案した「こども串」です。とくに、名前はなかったんですけど、さっきつけましたw

 

子供が、一口サイズの野菜や肉を選び、つまようじを使って刺し、オリジナルの串を作り、肉、魚、野菜をバランスよく食べる方法。

 

串カツやねぎまなどが、イメージとして近いです。

 

食事をするときは、

  • 野菜だけを食べる。
  • 野菜と他の食材を組み合わせて食べる

で、味が異なるわけです。

 

大人は、スプーンや箸など、上手に使って食べることができます。しかし、子供には難しい場合もあります。

 

その場合、「つまようじ」を使って食べ方をシンプルにしてあげるといいです。

 

①と②をつまようじで刺して、③をつけて食べる。

  1. のお皿には、一口サイズにして焼いた肉。
  2. のお皿には、一口サイズのピーマンなどの野菜
  3. のお皿には、焼肉のタレなどの調味料。

 

組み合わせを楽しみながら、肉と野菜を食べるように、親が環境を作ってあげます。

 

次は、どのソースで食べよっかな?どれを組み合わせようか?と、考えたり、選んだりして、子供なりに楽しみながら、野菜を食べてくれます。

農家の動画

子供は、野菜がどのようにして、できているのか知りません。

 

得たいのしれないものが、食卓に出てきたことで、「これは、なに?」と警戒しています。

 

「ナスだよ。栄養あるよ。頑張って食べようね。」とか、「ちゃんと野菜を食べろ!」って言ったところで、警戒しているので難しいと思います。

 

これは、大人も同じで、スーパーの野菜コーナーでは、生産者の顔が載っていると、安心して購入することができますよね?

 

「野菜は、農家の人が一生懸命、畑で作っているんだよ」ってことを、Youtubeを使って教えてあげるといいです。

 

農家の方が、努力しているからこそ、有難く食べれることを、子供に伝えることが大切です。

 

 

僕の祖母が、プチトマトを栽培していまして、子供も水をあげたり、プチトマトの収穫などを祖母とやっています。自分で育てたトマトは最高と言っていました。

 

野菜への印象が、自分で育てる苦労を知ることで、子供なりに変わったと感じています。

 

 

応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー