Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3歳の子供でも野菜を食べるオススメの方法。今の時代ならではの教え方で、野菜が好きな子供になる3つコツ。

子供が野菜を食べてくれない。これは、育児の中でよくある話です。

「野菜を食べなさい。食べないとダメ」と何も考えずに、子供に叱ったりしていませんか?その教え方は、もう古いですよ。

まず、子供の大好物は「たんぱく質・脂質・糖質」なので、揚げ物、肉、甘いものは良く食べてくれます。体をつくる3大栄養素が好きなのは、人として自然のことなんです。

私が自分の子供に試してみて、効果的だったことを書きます。

明るい食卓になるようにする

まずは、子供が楽しく食べれるように、笑顔の食卓になるように心がけましょう。

保育園では食べるけど、家では食べないのは怒るからです。怒ることは逆効果になります。

保育園の昼食だと、残さずに食べましたと保育士から良く聞きませんか?

保育園での昼食は、自宅での食事のように、暗い雰囲気ではないはずです。

 

「ニンジンが〇〇ちゃんに食べてほしいよ~って泣いているよ。」

「〇〇ちゃん、野菜食べれるかな?頑張れ!」

「野菜を食べたから、ちょっと足が伸びてたよ~凄い!」

 

保育園がやっていることをマネしてみましょう。

そんなのめんどくさいよ~って思う親もいると思います。

確かにめんどくさいですよww頼むから、簡単に食べてくれ!って思います。

しかし怒ってしまうと、食べない、泣く、また怒る、そしてまた繰り返します。

こっちの方がめんどくさくないですか?

少し時間がかかっても、ちゃんと食べて楽しい食卓の方が良いですよね。

めんどくさいことでも、めんどくさがらずに子供の成長のため頑張ってみませんか?

僕は、毎日やってますよ。次第に慣れて、今はめんどくさいとは思わなくなりました。

農家の動画を見せてみる

一生懸命に野菜を作っている農家の姿を映した動画を見せるのもいいですよ。

店頭に当たり前に置いている野菜、おままごと用の玩具であっても同じように置いていますよね。

大人にとっての当たり前は子供からしたら違う。

逆のパターンもあると思います。

 

また、これは偶然ですが、祖母が実家の庭でプチトマトを栽培し始めたと聞き、

子供と実家に帰ったとき、子供は庭にダッシュ!

そして、農家のマネだよ!って楽しんで収穫していました。

ナイス!婆ちゃん!

 

夜の食卓では、自分で収穫した野菜を美味しそうに食べいました。

Youtube、収穫、今と昔のコラボ教育です。

調理方法を工夫してみる

野菜を食べないけど、3大栄養素はよく食べる….

それなら、野菜を肉でグルグルに巻いたらいいやん!

このように思ったのも、子供は食べ物を組み合わせてみるが下手くそなんです。

野菜は野菜、肉は肉、ご飯はご飯と単発で口に入れる食べ方をします(うちの子だけかな?)

こういう食べ方をすることによって、好きなものを単発で食べて、最後に野菜が残ります。

じゃあ、最初から調理段階で合わせたら食べてくれるのでは?と思いました。

で、いろんな野菜を子供の一口サイズにして、豚バラで巻いて焼きます。

中は野菜でも、食べた感じが肉!!肉が先行して後から野菜がくる流れです。

この感覚はマクドのハンバーガーに近いかもしれない。

あれも、開発が味の流れを考えて順番を考えていますからね。

野菜を肉で巻かずに、ひたすら包丁で細かくしていく作業….

細かくするのめんどくさくないですか?

子供は次はどの野菜が巻かれてるのかな~って楽しみながら食べていますよ。

細かくした場合、視覚はごまかされても、味はごまかせない。

と、僕がいろいろ試した中で効果が大きかった方法をご紹介しました。

野菜を食べない子供に苦戦しているあなた!ぜひ試してみてください。

フォローよろしくお願いします!