子供の反応は?メンヘラ女(嫁)と授かり婚・離婚した話【経験談】

スポンサー

最初に

メンヘラ女(嫁)と結婚したら、不安なことってありませんか?

 

本記事では、僕が実際に経験した「メンヘラ女」との結婚から離婚までの話を書いています。

 

「メンヘラ女」とお付き合いや結婚を考えている方への参考になればと思います。

恋愛編

凄まじい愛への依存

2014年の春。僕も彼女もそれぞれの実家に住んでおり、同じ職場で出会い、付き合っていました。彼女は、僕と付き合ったその日から、実家に上がり込んでしまい、僕の家族と生活を始めだしました。

 

その日に付き合った彼氏の実家に、いきなり住み始めるって凄くないですか?

 

僕は、「帰らないと親が心配しているんじゃないか?たまには帰ったら?」と言ったこともあります。しかし、僕の言葉は通じず、着替えを取りに帰ることはあっても、ちゃんと帰ったことはありません。

 

メンヘラ女の特徴で、恋愛関係となった男に依存するという特徴があります。

 

奴隷扱いでも愛を感じれたらOK

彼女は、同じ職場の仕事とは別で、スナックでも働いていました。

 

終電が間に合わず、僕の実家に帰れないからという理由で、「自転車で往復40分も掛かる距離を、夜23時半に週4で迎えに来てほしい」と言われました。※自分の実家への終電には間に合う。

 

連れて帰ったら、深夜0時なので、めっちゃしんどいです。それでも、彼女が大事だったので、僕も頑張ることができましたが、自分も仕事終わりで、次の日も仕事があります

 

もし、そのお願いを無視したときは、LINEの着信履歴が凄いことになります。また、メンヘラ女は、相手が奴隷のようになっていても、辛そうでも全く見えていません。

 

奴隷のように頑張っている相手の姿も、自分への愛情だと思っています。

 

そんなに大変な思いをしてまで、私のことを思ってくれているんだ。彼から愛を感じるみたいな。

忘れないリスカ現場

彼女の母親は、個人経営の居酒屋で働いており、彼氏を紹介するということで、彼女と母親が働く居酒屋に行った。そして、帰るときにお酒をお土産として頂いた。

 

深夜0時、僕は実家の玄関まで帰ってきた。もちろん、メンヘラ女である彼女も横にいた。カギをカバンから取るときに、誤って袋に入った酒を落として割れてしまった。

 

「あちゃ~やってしまった。。。」

彼女「大声で大号泣」

「おいおい、何時だと思ってんだ、近所迷惑やろ」

彼女「は?申し訳ないって思わんの?ふざけんな!」

「思ってるけど、時間が時間だから静かにして、頼むわ。」

彼女「やっぱ、思ってないやんけ!!大号泣。」

「いいかげんにしろや、おまえみたいに、わけわからん奴はどうだっていい。もう好きにしろ。」

 

と暴言を吐きつつも、なんとか宥めて家に入ったわけです。ほんと、しょーもないですよね。そして、お互い疲れて寝てしまったんです。普通なら後で仲直りして終わりって流れになりますが、俺らの場合はそうではありません。

 

朝、僕が目を覚ましたら、横にいるはずの彼女はいません。部屋のどこにもいない様子。。。僕の部屋の隅に「血のついたハサミ」が落ちていました。

 

こんな体験したことがなかったので、背筋が凍ったのを覚えています。

 

その後、外で探し回って見つけたところを保護しながら彼女と帰宅。すぐ手首を見たら、過去のリスカ跡の上に、新しい傷跡がありました。

 

守ろうと思っていたのに、なんでこんなことに。。。と思ったし、衝撃の現場だったので、今でも鮮明に覚えています。

結婚編

あの事件から、僕も気を付けるようにして、しばらく平凡な生活が続きました。

 

ある日、彼女から妊娠したことを告げられます。

 

僕は、いつかはできると思っていたし、とくに驚くことはありませんでした。代々、僕の家系は、男ばっかりだったので、子供の性別が、女の子と聞いて逆に喜んだほどです。

 

あのリスカ事件から、とくにメンヘラな感じはなくなったことと、彼女も産む決心をしたことから、結婚する方向で話を進め始めました。

 

2015年4月7日。出産予定の1か月前に結婚。俗に言う「授かり婚」になります。

出産後の生活

出産後

無事に子供は産まて、母子共に退院。その後、嫁の実家から、徒歩5分のところにある賃貸マンションに住み始めた。「初めての子育てが不安」という嫁の希望を優先した。

 

僕が、子供がいる家庭から、産後うつの話を聞いていたから以下の対策をとっていた。

 

  1. 平日、僕が帰宅した後、嫁を外に遊びに行かせる。帰宅時間は自由。
  2. 休日は朝から育児と家事を担当し、終わったら子供と僕の実家に行く。嫁は完全に休み。
  3. 平日、好きな酒やレディースの服を持って帰る。※当時、僕はアパレル企業の管理者

 

これで、産後うつは、なんとか回避できたと思っています。

出産から1年

1年が経ち。子供は、保育園に入園することになり、嫁も仕事に復帰。そして、生活環境も変わった。

 

  • アプリ検証の契約社員。食費を担当。
  • 子供の保育園の送り迎えを担当。
  • 買い物や夕食を作り、洗濯物を干す。
  • 全て終わるとゲームを始める。
  • アパレル関連の正社員。
  • 食費以外の生活費を担当。
  • 帰宅後、子供と遊び、お風呂、寝かしつ担当。
  • 寝かした後は、1人でお酒。

 

僕は、一人暮らしを7年もやっていたので、家事は苦とは思わかった。しかし、妻が、「家事の手伝いはいらないから、子供を見ててほしい」と言うため、家事は手伝わずに、子供の面倒を見るようにしていた。

理想と現実

 

嫁は、家事などやることやったら、PS4でゲームをする生活。

 

僕は、子供と遊び、風呂、寝かしつけまでやり、お酒を呑みながら一人ぼっちで過ごす夜が多かった。

 

理想は、もっと嫁とバカな話から真面目な話までしたかったが、僕が話しかけても「ふ~ん」「へ~」「そっか」と無関心で覇気のない言葉が出てくるため、スマホでゲームをやっているのか知らないが、邪魔をしているように思えたのもあり、次第に話しかけなくなった。

 

現実は、嫁のかつての恋愛依存は既に消滅しており、もう夫婦の会話はなかった。淡々と家事をする嫁を見て「家政婦」に見えてきた。異性同士で、会話も肉体のコミュニケーションもなければ、ただの同居人。

 

家族とのコミュニケーションより、オンラインゲームのフレンドが優先。不特定多数のボイスチャットでコミュニケーションすることが優先されていた。

 

メンヘラ嫁は、恋愛依存からFPS依存症になっていた。

 

挙句の果てに、母親に甘えようと歩み寄る1歳の子供に対して、オンラインバトルが負けそうになるからと突き飛ばす始末。僕は、倒れた子供を慌てて抱き抱えて、「他人の前に、夫と子供と向き合え」と一喝した。

 

ゲームは、もともとは僕が所有していたもの。少しでも気が変わってくれるならと、嫁に黙って貸していたが、あまりにも酷いのでPS4本体を売ってやった。でも、嫁は懲りず、友達からPS4を借りてきた。

 

もうゲーム依存症の末期だなと思った。

 

僕の方が母親をやっていたと思うし、もう自分のことしか考えていないわけだが、この時点では、まだ離婚は考えていなかった。

引きこもりの嫁

寝るorゲームしか頭にない嫁は、家族で出掛けようと何度か誘ったが、応じてくれなかったため、いつも僕と子供だけで外出。

 

子供と遊びに行くと、当たり前のように親はカメラマンに変身する。笑顔をとりまくる。ある日、スマホのギャラリーを懐かしさを感じながら見ていると、どの写真にも嫁の姿はなかった。

 

このままでは、家族3人の思い出が増えないことを気にした僕は、嫁に家族となぜ外出しないのか理由を聞いてみた。すると、こう返ってきた。

 

嫁「まだ、付き合っている頃、あなたは、私を置いて先に帰ったことがあったから」

 

僕は、理由に飽きれながら、2年前の話が出てきて、びっくりした。

 

約2年前。当時の嫁の服の買い物が長かったため、ずっと待っていた僕は、先に帰ってもいいか連絡した。しかし、あとで電話するよと言ったにも関わらず、何度掛けても連絡がとれない。僕は、長時間も待たされたイライラもあり、怒って帰ってしまったことがあった。

 

女性は、メンヘラに限らず、過去を引きずる人が多い。一方で、男性は、過去を振り返ることはあっても、引きずるタイプは少なく、むしろ悪い過去は忘れやすい。

 

それでも、家族よりも自分を優先するところは、さすがメンヘラだと思ったし、家族での外出は諦めた。

 

毎週末は、自分の実家に子供を連れて行くことにした。僕も子供も、実家で過ごす時が、唯一の家族の生活を感じることができた。

自殺願望の嫁

ここまで来ても、まだ離婚のことは考えていなかった。好きなようにゲームをさせて、週末は子供も夫も家にいない自由な生活。夫が、育児を手伝ってくれないと悩んだり、休む暇がないお母さんからしたら天国じゃないか?と思っていた。

 

しかし、嫁が変わることはなく、僕が帰宅した時は、いつも不安定な嫁がいた。相変わらず、保育園の送迎、洗濯やご飯などの家事、仕事の疲れで、家で孤立している。なぜこんな状態になるのか嫁に聞いてみた。

 

「なぜ、いつもイライラして不機嫌なの?」

「・・・」

「話しかけても会話にならないし、いつも何も言わないから、何を考えているか分からない。」

「・・・」

「何か気に入らないことでもあるの?黙ってても、何も進まないよ。」

「・・・」

 

何度、話かても返答がなく、僕の独り言が続き、ちょっとした質問が長時間に。メンヘラ女は、嫌われることをイヤがって、自分の発言に自信が持てなくなり、沈黙することが多いから、本音を相手にぶつける傾向がない。

 

「何かしたいことがあるの?辛いことがあれば教えてくれ。」

嫁「4にたい(号泣)」

「え?。。。(なんでだよ)」

 

過去、僕の実家で起きた「リスカ事件」もあったので、絶句した。僕は、泣き崩れる嫁を説得して落ち着かせた。

 

「他には?やりたいことは、何もないの?」

「今、働いている会社の正社員になりたい。」

「子供もいるし、夢もあるなら死に急ぐ必要はないと思う。」

 

一旦、話は収まって、嫁はゲームを始めた。僕も普通に振舞うようにして、様子を見ることにした。

それでも家族のため

僕は、嫁から自殺願望を聞かされても、家族を守りたいと行動した。

 

嫁から育児と家事を巻き取るために、2017年10月末に会社を退職。フリーランスWEBデザイナーの道を進むことにした。

 

まあ、家族や嫁だけが理由で、フリーを目指すわけでもないが、お互いに話し合って、以下の条件で生活環境を変えた。

 

  1. 仕事だけになった分、家に入れるお金を増やすこと(食費3万から生活費7万へ変更)
  2. そのお金で家賃と電気代を払う事(家賃:5万5千円)
  3. 家事や育児は考えず、正社員になる夢を優先して頑張ること(自殺願望の回避)
  4. 僕の実家近くに家族で引っ越すこと(僕と子供の負担を軽減)
  5. フリー業が落ち着いたら、僕が生活費を全て払う。

 

  • 仕事に行くだけ。
  • 家賃と電気代の生活費を払う。
  • 在宅でWEB制作の仕事。
  • 食費などその他の生活費を担当
  • 子供の保育園の送迎。
  • 買い物、嫁の弁当や夕食、洗濯物。
  • 子供と遊び、風呂、寝かしつけ。

 

僕は、フリーランスの仕事もうまく始まり、育児、家事、生活費をうまくコントロールしながら、引っ越しのために貯金を始めた。嫁は、家のことがすべて終わった、夜23時ごろに帰宅していた。

 

この時、嫁を応援して、助けるための行動にも見えるが、嫁を子供や家から、切り離す考えにも見える。嫁のために、応援する気持ちもあったが、「もう嫁はいらない」という気持ちも同時にあった。

 

最後の賭けだった。これで、「普通の嫁」に変わってくれたらと思っていた。しかし、嫁のゲームと引きこもりは変わらなかった。子供に対しては、少しマシになったぐらいだ。

 

「環境が変わったけど、どう?」

嫁「4にたい(号泣)」

「え?。。。なんで?(またかよ)」

「私が帰ってきたら、全て終わってる。私いらんやん。」

「帰ってくる時間が遅いから、仕方がないでしょう。」

離婚することを考え始めた。

 

もう、子供より大変。我慢の限界やし、白旗状態。そして、僕が、子供の身の回りを担当することになってから、子供にことで、いろんな問題が起きた。

様々なトラブル

子供が保険未加入

最初は、子供の保険は、僕の社保に入っていました。子供は、僕が退職したことで、保険から外れることになります。

 

子供の保険は、僕の健康保険ではなく、自分の社保に子供を入れたいと嫁の主張があったため、子供の保険を嫁に任せていました。

 

2018年の夏。子供の虫刺されが酷く、保育園から通院するように指示もあったため、病院に連れていくことにした。

 

家のどこを探しても保険がない。

 

嫁に確認したところ、仕事に専念しすぎて忘れていたと全く手続きをやっていなかったのだ。

 

約半年の間、子供の保険が放置だったのである。

 

ありえない、仕事よりも子供のほうが、大事なのは当たり前の話。本来は、500円で済むところ、かゆみ止めの薬だけで【7,000円】もとられた。

 

普通なら、500円で済む医療費が高いことにも腹が立つが、子供に関することを放置したことに激しく怒りを覚えた。

受けていない予防接種

医者から、虫刺されで病院に行った時、2歳で受けるべき予防接種もやっていないと聞いた。

 

指定されている年齢の時に、予防接種を受けていない場合、無料ではなく有料になります。

 

病院から料金を聞いたところ、予防接種の料金が総額で20,000円。

 

もう母親失格と思いません?子供の予防接種ですよ?そして、子供に限らず、他にも問題が起きます。

不信感

僕の父親から借金

ある夏の時期、嫁が「今月の電気代が払えない」と僕に言ってきました。夏なので、約17,000円ほど。僕が、代わりに払って終わり。

 

嫁の1か月の給料は、約170,000円。他に何に使っているんだと、疑問に思った。

 

仮に、夏の電気代と家賃を払っても、100,000円も残る。

 

女は、美容でお金がいるということは知っているが、あまり美容室に行かないし、言っても安いところ。化粧品にも拘りはない。タバコやスマホ代、通勤の移動費を引いても、約70,000円は残る。

 

さらに、嫁は、正社員を目指すために、いつも4時間ほど残業をしていた。お金がないわけがない。

 

僕がある友人と飲みに行ったときのことのことを思い出した。

 

友達嫁とそんな中なんや、男でもいるんちゃうかw

「やめろ!いや~そんなことないと思うけどw・・・」

友達帰り遅いんやろ?それ、ほんまに仕事なんか?

「う~ん、俺は仕事と思ってるんやけどな~」

友達バレへんようにするもんやしな。姉ちゃん!生おかわり!

 

と、言われたことを思い出した。僕は、家庭内でいろいろあっても、嫁のことを信じていました。

 

そして、僕の祖母が、衝撃的なことを電話で教えてくれた。

 

「あんたとこの嫁、うちのお父さん(僕の父親)から、あんたに黙ってお金を借りてるらしいけど、まだ返してないねん。いつ返すんやろ?そんなに生活に困ってるんか?なんでも、相談しいや。」

 

知らなかった。

 

陰でコソコソと行動していたことがショックだった。俺のオヤジから、金を借りてまで、何に使うの?と思ったし、不信感しかなかった。

 

  • 会社に泊まると、帰ってこないときもあった。
  • 僕とは3年以上も〇ックスレス。

 

友人からの言葉もあったし、浮気している可能性もあると思った。しかし、もう僕には、探偵を雇って調査を依頼する気力すら残っていなかった。

 

僕は、嫁に借りていたことの事実確認をした。問題の借りた金は、自分の医療に使ったと言っていたが、もうどうでもいいし、離婚しようと思った。

 

嫁「秘密にすると約束したのに破ったんですね。もう信用できません。」と僕の父にライン。

父「ばあちゃんは、なんでリョウにしゃべったんや。もう信用せえへん。」と祖母にライン。

祖母「あんた、なんで言うたんよ。怒られたやないの。」と僕にライン。

 

メンヘラ女の必殺技「負の連鎖」

 

僕は、婆ちゃんが孫やひい孫の生活を心配するのは当然やし、陰で行動した嫁がすべて悪い。と告げ、連鎖は終わった。

消えた児童手当

引っ越し費用を貯金しているが、まだまだお金が足りない。そして、市役所に申請をしてから、全く手をつけていなかった「児童手当」を思い出した。3年間も放置したままなので、約50万ほど貯まっているはず。

 

残高は、ATMで確認したらゼロになっていた。約50万がゼロ。

 

自動手当を使えるのは、僕のカードを持っている嫁しかいないことから、手当が無くなっている理由について聞いたところ、仕事をサボる時、生活費、自分の医療代などと言ってきた。

 

いやいや、ちょっと待て。生活費?僕が、ほとんど払ってきているのに?仕事をサボる?医療代?意味が分からなかった。

 

児童手当は、育児のための手当。もちろん、親が使い道を決めたらいいと思うが、「手当は、〇〇に使うね、いい?」とか、普通は相談するのが夫婦だと思う。

 

で、少し考えたらすぐにわかった。実際に、病院にいっているし、サボっているのだろう。これは、メンヘラ女の仮病という名の虚言癖だ。

 

どいういう事かと言うと、メンヘラ女は、気分の浮き沈みで体調を崩したと嘘をつく。哀れな自分を見てくれと。

 

ある朝、何らかのショックなことがメンヘラ女に起きたとする。その影響で気分が沈んでしまい、胃が痛いから胃炎かもと思う。仕事を休んで、病院へ。医者は、胃炎じゃないと判断する。でも、もう仕事する気力がないから休む。気晴らしにゲーセンへ。遊んでるうちに治ってた。

 

これは、子供の予防接種や保険は放置しておいて、仮病の虚言癖や仕事をサボるために、児童手当を使った。親として、社会人として無責任なだけ。

 

また、嫁の帰宅が、23時と遅かったのは、残業ではなかった。僕にいろいろ質問されたり、怒られるのが嫌で、時間を潰して帰ってきていたらしい。

 

最低やん。僕は、いつも残業で大変だからと思い、あまり無理はしないでねと、毎日お弁当を作ってあげていた。誰も手伝ってもらえない中、1人で仕事、育児、家事をこなしてきた。

 

「怒り」を通り越して、「悲しみ」しかなかった。

 

最後の2択

2018年8月。メンヘラ嫁は、これまでの家庭内トラブルや身内の不幸から、難民のようにやせ細り、髪もやつれ、覇気もなく、フラフラの状態だった。

 

こっちも我慢の限界であり、1日でも早く引っ越したい気持ちでいっぱいだった。

 

しかし、僕に微笑む子供の顔を見ると、この子のためにも最後まで、やれるとこまでやってみようと思いました。

 

出産前は、メンヘラなところもあったが、こちらさえ傷つけすぎないようすれば、まだ許容範囲で普通に明るい女の子だった。

 

嫁は、元の明るかった女の子に戻れるかもしれない。嫁には、離婚1択ではなく、2択で選べる方法をとった。

 

以下の生活スタイルを選ぶなら、離婚。

  • 家族よりも自分のことだけ考えて生きていく
  • 低賃金の仕事をサボりながら正社員を目指す
  • 夫と子供と向き合わずにゲームばっかりの生活
  • 心も体も不健康なまま無駄に医療費を使う(虚言かも?)

こっちの生活スタイルなら、離婚はなし。

  • 自分のこと以外に、家族のことも考えること
  • 家族のことを考えて働き方も変えていく
  • ゲームばっかりではなく、家族と向き合うこと
  • 心も体の健康も考えて自分の医療費を減らす

 

要するに、Aのパターンは、メンヘラ女のままなら離婚。一方で、Bのパターンは、メンヘラ女から、普通の女に戻るなら、継続ですよって内容。

 

嫁は、A:離婚パターンを選んだ。

 

B:継続パターンは、お子さんがいる一般家庭なら、当たり前のようにやっていると思う。メンヘラ女(嫁)は、この当たり前のことができない。

 

僕は、学生時代にずっと剣道をやっていたので、精神力や忍耐力は一般の男性より強いほう。それでもこの有り様。

 

とくに裁判はせず、養育費はいらない、会うのは条件つき、子供へのプレゼントや直の連絡はタブーなど、様々な制約を記した「離婚協議書」に、お互いがサインをした。

 

また、僕が再婚をする可能性がある場合、子供が元母のせいで、「古いお母さんや新しいお母さん」と、ややこしくなるため、ずっと会わない方向で、お互いに話をつけている。

 

2018年10月上旬。離婚届けを提出。親権は僕、父子家庭になった。

 

【結論】
相手がどれだけ可愛くて、自分の根性がどれだけ強くて、守る気持ちがあったとしても、メンヘラ女と結婚しないほうがいい。メンヘラ女も、結婚、出産、育児、家事、仕事、全ての環境変化への対応が無理なら、安易な気持ちで恋愛しないほうがいい。

お別れ

2018年10月末。家族3人で3年間も暮らしてきたマンションは退去。

 

僕の父親が、車で迎えに来た。嫁は、僕、父親、子供に大号泣で言葉を詰まらせながら、「こんな嫁で、母でごめんなさい」と謝ってきた。

 

この涙は、どこまで本当なのだろうと思った。心を鬼にしていない。

 

出発した車の中で、「お母さんが泣いていた」と子供も大号泣。僕は「頑張ったけどダメだった。ごめんな」と心の中で思った。でも、子供なんで、チョコあげたら泣き止みました。

自分より最も守るべき存在は、メンヘラ女よりも遥かに弱く、分からないことも多く、力もなければ、1人で何もできない我が子。
メンヘラ女は、全く気付いていない。

子供と新生活

新しい生活がスタートした。実家から、自転車で10分ぐらいの場所。

 

最初、テーブル、冷蔵庫、レンジ、コンロなど一切なかったので、本当に一からのスタート。引っ越しを初めて経験した子供は、「この家が好き」と言ってくれるようになり、大きな問題はなく、2018の年を越すことができた。

 

なお、離婚後は、「離婚協議書」の効力もあって、元嫁と会ってないし、連絡もとっていない。

 

また、元嫁は、僕が再婚に向けて動いているということもあり、子供と会えない状況になった。

子供の反応は?

別れる時は、母親からもらい泣きしていたものの、今は気にしていない様子。

 

子供の反応は、

  • 「お父さんがいるから、ぜんぜん平気だよ」
  • 「次のお母さんがきたら、もっと遊んでくれるかな?」
  • 「お父さんも楽になるの?早くきてほしいね。いつくるのかな。」
  • 「私やお父さんを捨てた、怪物」
  • 「もう怪物の話は、どうでもいいの」

と反応している。

 

子供は、ずっと一緒にいればいるほど、親に感謝するものであり、たったの3年程度であれば関係ない。その人のお腹から産まれたからとか、DNAや血がどうとかはどうだっていいこと。

 

だから、子供とどれだけ思い出を作るかが重要であり、子供との思い出がない親は、たとえ産みの親であっても親ではありません。

 

お父さん、お母さんというのは概念。代役は、誰でもできます。

 

スマホのギャラリーには、僕と子供、僕側の家族との思い出ばかりで、子供との思い出が薄い嫁に、子供が懐かないのも当然の結果。

 

メンヘラ嫁との結婚する苦労が、僕の実体験から伝わりましたか?

 

世の男が、僕と同じようなことにならないことを願っています。

応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー