シングルマザー(ファザー)が子供を自立させるための方法と考え方

スポンサー

自立させるための方法

シングルマザー(ファザー)は、1人で育児をするのでとても大変です。

 

子供が自立しない以上は、親がやってあげないといけないので、苦労することが多いと思います。

 

そこで、僕が子供を自立させるために、実際にやっている方法や考えをご紹介したいと思います。

親子であっても赤の他人

親子だから、親だからやらないといけないって考えを、少しずつ減らしていきましょう。

 

結局は、親子と言っても、考えや性格も違う赤の他人。

 

子供に対して、自分の人生は自分で決めなさい、自分の体は自分で守りなさいって言いますよね。

 

ぶっちゃけ、僕は僕の時間や人生があると同時に、子供も自分の時間や人生があります。

 

だから、親子という現実の中、同居人でもあるという気持ちで、気楽になったほうがいいです。

習慣やルールを作る

親が習慣やルールを設けてあげると、子供は自立するようになります。

 

自分がしなくてもいいこと、親が補助しなくてもできることは、自分でやらせています。

 

  • 脱いだ服は、指定のランドリーボックスに入れる。
  • 食べたあとは流しに持っていく。
  • 寝る前、保育園に着ていく服を用意しておく。
  • 保育園のストック用の服を用意しておく。
  • 朝、モンダミン(子供用)で口内洗浄。
  • 遊んだあとは決まった場所に戻す。
  • 食べたいお菓子や皿は自分で用意する。

などなど、これだけの事を子供が進んでやっています。

 

なぜ、これだけのことができるかと言いますと、自分でできる環境を用意しているからです。

 

例えば、冷蔵庫のお菓子やお皿は、子供が届く位置に置いています。

 

食べる場所とキッチンの距離をできるだけ短くして、面倒な気持ちを軽減させる工夫。

 

子供部屋の洋服ケース横に、ランドリーボックスを設置するなどアイデアを絞っています。

 

自分を良く魅せたい服は、自分で選びなさいと教えることで、自立させています。

 

そのため、我が家では、食べっぱなしで放置、脱ぎ散らかす、世話をすることが無くなりました。

 

やれ!と命令することは簡単なようで、結果が得られない難しい方法です。

 

親子で気持ちよく暮らしていくには、子供の特徴を利用して親が一工夫してあげることがポイントです。

評価制

我が家は、評価制を導入しています。良い行動をとった場合は100点です。ダメな行動は1点です。

 

僕の子供は、4歳になりますが、1より100が大きいなど、ある程度の数字はもう分かります。

 

なぜ、評価制を入れたかと言いますと、子供に目標を持たせるためです。

 

ゴミは、ゴミ箱に捨てるなどの個別の動作ではなく、1日の総合評価にしています。

 

目標があると子供の行動は豹変します。

 

低い評価(悪い行動)よりも、高い評価(良い行動)を求め、自分を変えようとします。

 

子供には、高い評価を維持すればご褒美をあげるようにしています。

 

  • 新しい自転車を買ってもらえる。
  • 家族みんなで外食パーティー。
  • 買ってもらえるお菓子の数が増える。

などなど。。。

 

世の子供で当たり前のことが、我が家の子供にとっては、当たり前ではありません。

 

先日、子供に自転車を買ってあげました。ただのプレゼントではなく、娘自身が勝ち取ったものです。

 

 

高い評価(良い行動)は、褒めてもらえるしご褒美がある。子供にとってメリットしかありません。

 

高い評価(良い行動)は、自立する行動の原動力になっています。

応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー