若者がインスタ離れする理由とは?SNSを使わない若者が増えてくる

スポンサー

若者がインスタ離れする理由とは

最近、ネット上のニュースやブログでも話題になったり、SNS上では「#インスタ離れ」というハッシュタグも見るようになった。また、Twitter上では、はあちゅうさんのVoicy企画で以下のような投稿があった。

 

まず、インスタに関してはフェイスブックと比べると劣化していて、基本的には画像アップしてコメントするというスタイルは変わらないんですよね。そこで、フェイスブックでもよくあった良い景色の写真、リア充をPR、飲食店の飯とかアップされて、タイムラインがつまらないわけです。

 

刺激を求める若者にとって、こんなつまらないタイムラインってないわけですよ。そこには、面白いことを追及して共有したい若者に対して、自慢したいだけの大人との間で亀裂があるわけです。

 

一方で、アップする側としては、インフルエンサーを目指すと燃えている人(フォロー数ほしい!)、VIP感をアピールするために高級車レンタル、インスタ映えのデザートを食べたり、衣装をレンタルしてモデルのように撮影したり、顔や体形を加工したりと大変。実際、仕事でモデルの顔や体形をインスタ用に加工していたので事実です。

 

よっぽど好きじゃないと、普通に疲れると思うんですよ。開放されたいがためにインスタ離れする人もいるでしょう。単純に考えて、撮ったものをアップするだけの行為から、加工するとなれば大変だと思うんですよね。

 

もともとは、無料で気楽に使うSNSアプリが、企業案件を受注するインフルエンサー業を目指す人が流れを作ってしまい、一般の人間が気楽に使いにくいSNSになってきた印象があります。インスタ映えじゃないと上げにくい….みたいな。

 

現在、SNSは高校生の間では連絡アプリとして使われていることが多いそうです。例えば、LINEで簡潔に待ち合わせして、地図や食べ物の写真が表示されるインスタのDMで友達と行きたいお店を決めるなど、アップするだけの使い方とは異なる。

 

おっさんやおばさんがアップしたつまらない写真に興味がないといった感じ。インスタの機能を日常生活で便利に活用しているのである。

 

SNSを使わない若者が増えてくる

近年、若者の間では、アメリカで流行っている「Snapchat」を使っていると聞く。中でも、友達同士のショートムービーを送って、仲間同士で楽しんでいるという情報もよく聞く。

 

このように、若者はアプリストア上で彷徨いつつ、生活の中で便利な使い方や周りの流行りに合わせて利用していて、オーソドックスな使い方は年上の方々といった印象。「Snapchat」も同じで、周りが使っているから使ってるという流れだと思う。

 

冒頭でも語ったが、良い景色の写真、リア充をPR、飲食店の飯とかアップされて、タイムラインがつまらないわけです。そして、別の使い方をしている若者に対して、おじさんやおばさん達で楽しんでいるという感じ。そんな俺もおじさんだがw

 

個人的に若者のWEBリテラシーが高まって、最終的には、Twitterやインスタのような誰かが用意したプラットフォーム上ではなく、仲の良い仲間でコミュニティを作っていくのではないかなと予測している。

 

例えば、女子であればインスタのDMのような機能って必要やし、ふらっと店に入る傾向の男には不要な機能なわけ。他人が関与しない仲間だけのコミュニティの時代になり、オープンからクローズしていくと思われる。なぜなら、人は他人に興味ないからだ。

 

新しいコミュニティSNSの時代

クローズ型のコミュニティというのは、現在の不特定多数とつながるSNSとは違って、特定の人間がつながるということ。

 

要するに、オープン(不特定多数)から、クローズ(特定の人だけ)になっていくということ。

 

そこで、僕は自分も必要だし、他のクリエイター、経営者だけのコミュニティを作ろうと思った。詳しい経緯に関しては、以下の記事に書いているので、ここでは深くは話しません。

 

ヒグメモ

フリーランスやクリエイターと経営者をゲーム・アニメ・マンガなどでつなげるコミュニティSNS「WA-THREE」を紹介して…

 

制作、調査、中断、再制作など試行錯誤しつつ、以下のサイトが完成した。

 

WA-THREE

クリエイターが好きなことで繋がるコミュニティ…

 

クリエイター同士、クリエイターと経営者、クリエイターとクリエイター志願者が、ゲーム、マンガ、アニメ、好きなアーティストなど、好きなことでつながるクローズ・無料会員制コミュニティ型SNSを公開した。

 

そして、育児中のママ・パパの子育てコミュニティSNSも公開した。なかなか、投稿しにくい子供との楽しい時間や有益情報を共有して楽しむコミュニティだ。

 

WA-THREE -Child-

子供・ママ・パパ|子育てコミュニティSNS…

 

このコミュニティのポイントは、それぞれが連携して助け合う連動型コミュニティということ。

 

育児コミュニティの中で、クリエイティブ職のスキルを身に着けたいとママやパパがいた時、大本の「WA-THREE」に移動することで、好きなことでつながりながら、ちょっとしたプログラミングのことを聞けたりする。

 

そして、WA-THREEを楽しむクリエイター達の中で子供ができた場合は、派生コミュニティの「WA-THREE -Child-」に移動することができる。コミュニティ自体が助け合っているということになる。

 

このコミュニティで何をしたいのかと言うと「宴」をやりたいのである。何かの縁で集まった人間が良い方向に向かい、好きなことで楽しむ宴だ。サイトで収益を得ることができれば、そういった企画も考えているし、フローレンスなどの子供向けの団体に寄付したいと思っている。

 

クリエイターの方、経営者の方、育児中のママ・パパの方は、入退会は自由になっておりますので、ぜひご参加いただければ嬉しいです。

応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー