社会や会社で縛られる人への突破口。嫌なものは嫌と無駄を捨てること

スポンサー

嫌なものは嫌ということ

会社で楽しく過ごしている人は読まなくてもいい内容になっています。明日も会社に行きたくない人が読んでもらい、何か変わることがあれば幸いです。

 

わざわざ、天気予報で注意報を呼び掛けているにも関わらず、台風で電車が止まり帰れない!とネットニュースでよく流れています。「なんでこんな日に出勤するの?」…いや~その通りですよ。なんで、台風きてるのに、会社で働く必要はないです。

 

なぜ、このようなことが起こるのか?理由は、雨の日も風の日も働いてこそ人間だ!と言っている頭が化石になった上司に対して、自己主張が弱いから。

 

1日休む程度で、倒産するような会社なんて、そもそも世の中で必要ないです。

 

家で仕事したらいい話ですが、それができないのは、年寄りの古い考えに縛られているのです。「危険な日でも働いてこそ、社を考えている、努力家、一生懸命な男でカッコイイ」という内容が、おっさん達の頭の中にあるのだと思います。

 

私が知っているWEBの会社は、いつも部屋の中は誰もいない会社になってまして、スタッフは各地で制作作業を行うという会社もあります。

 

嫌なものは、嫌と言える人になりましょう。やりたくないことはやらない人生を送りましょう。

 

僕は、先ほどの台風の例からして、台風がきてるのに会社で仕事するとか、何もかっこよくないし、頭おかしいのかと思ってます。正気なのか?って。

 

リモートワークなど、そういった別の方法がきかない職業は仕方がないとして、出来るなら1日ぐらい社員を信用してあげほしいものです。

 

なんで会社に行ってまで仕事をしているか。。。それは、会社があなたを信用していないからです。

 

私の場合、上司に休みますって言いますね。会社があ~だこ~だと言ってきたら退社します。退社したって死にませんからね。

 

要するに、自分の人生なのに、他人に言いなりになってる人生を歩んでいるということです。我が社のためと言っているおっさんの話なんか聞かなくていいです。

無駄な時間

大半の会社で勤めている人が、無駄な時間を過ごしています。なぜなら、物やサービスが溢れている世の中で、さらに物やサービスなんていらないわけです。もちろん、新しいテクノロジーを採用した会社は話が別です。

 

しかし、そういった会社は少ない。もはや、学校卒業して会社に勤めるというレールに沿った人生を歩んでいる人は、人と同じことをやっているので類似するものしか生み出せない。

 

学校で学び、平等の知識をもつ人間が集まり、生産性が上がり、日本は豊かになったわけです。世界から見ても平和で豊かな国。平等な知識をもつ人間は不要です。

 

その証拠に、Youtuberが良い例です。テレビではできない新しい価値を個人が作り上げています。個々の価値が評価される時代になったということです。

 

古いやり方で集まった人間、要は会社で新しいことを生み出すのは至難。個々が評価される時代で会社に勤めるのは時間の無駄。また、AIなどの新しいテクノロジーが人の仕事を奪っていくというのも1つあります。

 

常にイノベーションを起こしている会社は、上層部が年齢問わず、新しい考え方を持っているからできる話です。それ以外の中小企業は時間の無駄です。

 

面接、採用、印刷、郵送、メール、事務、残業、印鑑…もう古すぎ。これって昭和の働き方じゃないですか。今の時代は、自分でビジネス、データ転送、チャット、好きな時間に仕事、2段階認証と世の中は変わってるわけです。変わってない会社はオワコン、周回遅れです。

 

お給料の話でも、会社に勤めの方は「あなたは何時間で〇〇円」と自分の価値を他人に決められているわけですが、私の場合、自分の価値は自分で決めています。理由は、他人に価値を決められる嫌いだからです。

 

とくに煽りたいわけでもなく、会社で何か大きなことを得ている方は良いと思います。しかし、合わないのであれば無理はせず、新しい道を進んだ方が良いです。20代は遊んでばかりいた私でもできることなので、やろうと思えば誰でもできる話です。

 

これからの時代、どんどん世の中は変わっていきますが、変わらない人は相当辛い人生が待っていると思います。

応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー