育児・家事・本業と忙しい僕がやってるブログ記事を早く書くコツ

スポンサー

ブログ記事を早く書くコツ

僕は父子家庭です。本業、育児、家事とやることはあります。その中で、どのようにブログを書いているのかご紹介し、何かお役にたてればと思います。

 

今日もWEB制作をしながら、子供の相手をしたり、Twitterやったりしていました。仕事を17時に終えて、クライアントに報告、夕食作り、子供と遊びました。

 

今、ごはんを食べてブログ公開の前になります。本記事で約2000文字ぐらいです。

 

えっ?この生活状況でいつ書いたのか?

なんでサクっと終わるのか?

 

コツという裏技っぽい方法を紹介していきます。

 

まず、ブログ記事を早く書くコツとして、僕が抑えているポイントです。

・記事の内容を決める
・伝えるパーツを作る
・スマホを有効活用
・サムネイルのテンプレ
・100%を目指さない
僕が意識しているのは、上記だけです。これだけで、記事を書くスピードが格段に早くなりました。

記事の内容を決める

記事を書くページで考え始めてはダメ。それだと遅くなり、自分の調子によっては書けなく終わってしまい、無駄な時間を作ってしまいばちになる。

 

となると、日ごろから頭の隅で書く内容や構成を考えておく必要がある。

 

これは、Youtuberでも同じことが言える。常に企画を考えて、視聴者を維持しないといけない。都合よくいかない場合は多くあり、記事を書く場合も同じ。

 

いざ書こう!と思ってもなかなかまとまらない。だから、日ごろから時間を掛けてまとめていく。すると、そのまとめるスピードも早くなり、言いたいこともまとまってくる。

 

24時間365日、頭が自由に使えるときは、頭で記事を作っていきます。

 

僕のやり方が、思いついたことがあればスマホのメモで保存しておく方法。あとで思い返したり、引き続き考えることができる。考えやすくなりますよ!

 

伝えるパーツを作る

先ほどのメモを使う方法の応用になるが、アーティストが歌詞をメモするように、ブロガーである自分も伝えたいフレーズを残し、あとにつなげて1つの記事を作るというやり方。

 

これは、書く内容にもよります。例えば、書きたいテーマを決めて見出しを決めたり、テーマをもとに書きたい内容を思いつきでいいので、メモしておきます。

 

僕は子供が寝た後に、お酒を飲みながらYoutubeみたりとかしていて、何かフワっと出てきた言葉はメモで残していますね。

 

文章で悩まない

文章を自然体で書いた場合、書いてる途中で読みにくいかな?とか、書き終わった後に読みにくいな~と思って、修正していたら時間が勿体ないです。

 

なるべく、そういったミスは減らして、1発で書いて終わりたいですよね。多いミスが主語、述語の順番がバラバラになることかなと思います。

 

僕も文の途中で主語が来たりとバラバラでした。これは、人と会話する感覚で書いてるからなんですよね。

 

自分は、意識していないくても、文を書くことよりも人と会話することのほうが多いから、自然とそのようになってきます。

 

これは、自分で改善していくしかないんですよね。そこで、僕が試行錯誤していたときに助けてもらった本が以下になります。

 

ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック ブログSEOの入門書:個人ブロガーが勝てる唯一の戦略

 

ブログで月〇〇万円を稼ぐ方法なんて腐るほどありますが、こういった根本的な事を書いている良本って、Kindleで探してても多くないんですよね。

 

文章の書き方について、非常に勉強なる本です。文は苦手だって方は、ぜひチェックしてみてください。

スマホを有効活用

僕は、記事をPCで書く場合もあるが、大半の作業をスマホで終わらせることが多くなってきた。

 

子供と公園、電車の中、タクシーの移動中、鍋を見張り中、パソコンでは書きにくい環境だし、ほとんど不可能な状況だってある。

 

そこで、スマホのメモ機能で記事を書き、あとでパソコン上でコピペ。ある程度、装飾したり整えて公開する手法をとっている。どこにいても記事を書ける状況は、パソコンに拘束されず効率がいい。

 

PCのほうが早いって思っている方は、大きな勘違いです。予測変換を使って、PCよりも早く書くことができます。

 

他には、音声テキストアプリを使用するのも1つの方法です。これは、しゃべったら言葉をテキスト化してくれるアプリです。ある程度、修正は必要になりますが便利です。

** Now with auto backup to Google Drive - so you never lose …

 

サムネイルのテンプレ

僕のブログは、基本的に写真をリサイズして終わりってパターンですが、ブロガーの方でテキストを入力しているサムネイルもありますよね。

 

使用するツールにもよるかと思いますが、フォトショップの「PSDファイル」みたいに、作業記録を残せるものを使用している場合は、テンプレートを作っておくといいです。

 

画像やテキストを変えるだけにしておくと、更新が非常に楽になります。記事の構成が同じケースがある場合は、その構成もテンプレ化して、いつでも呼び出せる方法をとるのもオススメです。

 

以前、記事構成をテンプレ化するプラグイン「TinyMCE Tamplate」をご紹介しました。

 

関連記事

今日は、WEBクリエイターとして仕事をしていて、ワードプレス案件で使用したプラグインをご紹介したいと思います。   その中でも、WEBサイトやブログ問わず、必須プラグイン、あると便利なプラグインをご紹介していきます。 […]

 

100%を目指さない

このブログを開設したときは、いきなりプロのブロガーやライターのように目指すことはなく、100%も目指していません。

 

何度も記事を書いたり、書き方の本を読んだり、言い回しとかを考えながら、今に至ります。今も勉強しながら書いています。

 

そこで、いきなり100%を目指すよりは、70%ぐらいでも公開したらいいです。細かい追記は、あとから書けばいいと思います。

 

それよりも、いろんな内容を何度も書くことをオススメします。経験談の記事、商品の紹介、考えたことを伝えると、いずれも書き方や表現は変わってきます。

 

100%を目指して、書く記事が減ったり、時間が掛かるぐらいなら、70%で書く記事を増やすほうがいいと思います。とはいえ、このあたりは賛否両論があると思いますので、ご自身のスタイルにあったやり方でいいと思います。

 

では、皿洗って、子供と洗って室内サッカーしてきます!
応援・シェアよろしくお願いします!
スポンサー